クリクラの工場見学(町田)に行ってきました!超楽しかった〜♪

クリクラの工場見学(町田)に行ってきました!超楽しかった〜♪

クリクラの工場見学に行ってきました!超楽しかった〜♪
※かなり長文です。これからクリクラ工場見学を考えている方で、ネタバレが嫌な方はまだ読まないでください。

 

水の宅配「クリクラ」を提供する株式会社NAC(ナック)のクリクラ工場見学は、関東に2つあります。
今回はクリクラ町田工場の工場見学に行ってまいりました! 今使っているウォーターサーバーがクリクラミオなので、とっても期待していましたしワクワクしながら行ってきました。
私が住んでいるところからは、1時間10分ほどで着きます。
小田急線の「鶴川駅」北口で降りて、バスで20分、又はタクシーで10分でクリクラ工場に着きます。私はちょうどいいバスがなかったのでタクシーで行きました。(実はちゃんとあったのですが、土曜日に行ったのに平日の時刻表を見ていて乗れなかったんです(T_T))
小田急線鶴川駅北口

 

さあ、NACに到着しましたよ!クリクラ工場見学の記事を書いているサイトをいくつか見ましたが、全員このNAC創設者西山由之さんの銅像がグリーンなんです。よくある銅像の色ですね。
いつの間に金に塗り替えられたのでしょうね?
建物の入口ではクリクラでお馴染みのキャラクター「クレヨンしんちゃん」がお出迎え♪
クレヨンしんちゃんが入り口でお出迎え

 

工場見学の受付でもらったものです。見学の最後にお土産引換券でおみやげがもらえるんですよ!
クリクラ工場見学おみやげ引換券

 

お土産の1つとしてクリクラのキャラクター「しんちゃん」が描かれたクリクラ水のペットボトルをもらいました。
14時の工場見学が始まる前に、ペットボトルの4面あるうちの2面が真っ白なキャンバスになっていて、自由にお絵かきをする時間がありました。
お子さんなんかは大喜びですよね♪夏休みなどに行く際は少し早めに行くことをおすすめします。私が書いた絵は後ほどお披露目しますね(^_-)-☆
お絵かきできるクリクラペットボトル

 

クリクラ工場見学には流れがあります

工場見学の流れ

2つある建物のうち、入り口から向かって左側の「クリクラ中央研究所」に入り2階の受付に行きます。

 

?コンシェルジュと呼ばれる美人なお姉さん2人がクリクラ中央研究所をガイドをしてくれます。

 

次
?途中、製造工程や内部の機械類が動いている場所以外はバシバシ撮影OK!

 

次
?10分ほどのDVDを見ます。

 

次
?クリクラの製造工程見学。もちろんコンシェルジュのお姉さんの案内で!

 

 

最初にエレベーターで「クリクラ中央研究所」2階に上がると、こんな色とりどりの見たことのないクリクラサーバーがお出迎え!
色鮮やかなクリクラサーバー

 

世界中から集められたペットボトルのミネラルウォーター

エレベーターで3階に移動します。そこは「水ギャラリー」と呼ばれるお部屋です。
このお部屋には世界中から集めた約1000本のペットボトルのミネラルウォーターがあります。
世界中のミネラルウォーター

 

見ているだけでとってもワクワク、楽しい時間でした!ボトルは色とりどりだし、形も色々、世界中から集まってきたペットボトルは壮観でした。
1000本以上のペットボトル

 

こちらはアメリカのお水群です。
アメリカのミネラルウォーター

 

中でもこんなウィスキーボトルのような形のペットボトル「SEI WATER(セイウォーター)」があります。実は、アメリカの軍隊の水筒をヒントに作られた携行しやすいデザインなのだそうです。ボトルの中の水はニューヨーク州キャストスキル山脈の湧水が直接入っています。米国全域で販売され、雑誌「TIME」などに紹介されました。
SEI WATER

 

次に、「世界のセレブリティ愛飲の水」と題して、いくつかのお水があります。
最初は、イギリスの「HILDON(ヒルドン)」です。ミネラル成分を豊かに多く含みながらも飲みにくさがなく、発泡性ナチュラルミネラルウォーターのテイスティング大会でNo.1に選ばれました。セレブリティーに大人気のミネラルウォーターです。
HILDON

 

イタリアのファインダイニングウオーターS.Pellegrino(サンペレグリノ)とブルガリがコラボしたゴージャスなボトル。期間限定で発売されたこのボトルには、ブリリアントカットのダイアモンド、ターコイズ、アメジスト、カボションカットのエメラルドなどきらびやか。ブルガリのペンダント付きです。硬度734
サンペレグリノとブルガリのコラボ水

 

ブルガリ“イル・カフェ”や全国のレストラン、カフェなどのみで飲めたそうです。一般販売はしていないそう。
イル・カフェなどで飲めた

 

お次はイギリスのお水「TYNANT(ティナント)」ブルーのボトルは750mlx12本で12,994円です。透明ボトルはアマゾンで500mlx12本を4,999円で売っています。
ティナント

 

こちらは、コントレックスなどでお馴染みのフランスのお水です。
フランスの水

 

オランダのお水「OGO(オゴ)」。「卓上でグラスを必要としない」というコンセプトでデザインされたボトルが特徴。
通常の水の約35倍もの高純度の酸素を封入した世界トップクラスの酸素濃度を有する酸素水です。硬度194
オゴ

 

「王侯貴族の愛飲した水」から天然生炭酸水 BORJOMI(ボルジョミ)は、ジョージアのお水。古くはロシア皇帝が愛飲した水で、1890年には劣るウォーターとして製造を開始。その後1980年から旧ソ連で最初のミネラルウォーターブランド「ボルジョミ」として販売されました。硬度273
ボルジョミ

 

インドネシアのお水「purence(ピュレンチェ)」。意図的に結露を発生させ、空気中から水分を取り出す技術(SDP)によって作られました。ミネラル成分を含まない極めてピュアなお水です。
ピュレンチェ

 

ここからは日本のお水です。富士山の形やスカイツリの形のペットボトル。
日本のペットボトル

 

お次はリラックマや目玉おやじ、ドラえもんの形のペットボトル。
リラックマや目玉おやじのペットボトル

 

ワンピースのチョッパー、キティのリボン、ウルトラマンなどの形のペットボトル。
ワンピース、ウルトラマンのペットボトル

 

電車好きな人や男の子にはたまらない、電車型ペットボトル。これだけ多彩なキャラクターなどの形のペットボトルがあるのは日本だけなんだそう。世界でも珍しいんですよ♪
電車のペットボトル

 

Fillico(フィリコ) GINZAのスワロフスキーをあしらった豪華なお水。中のお水は兵庫県産の軟水です。硬度90
フィリコ

 

300mlで4,300円、クイーンキャップを付けると10,800円と超高価なお水です。
クイーンキャップで10800円

 

クイーンキャップ、ミルククラウンキャップだけでも数千円で取引される逸品です。
キャップだけで数千円

 

世界中のウォーターサーバーを紹介

大きさや形、素材なども大きく違う世界中のウォーターサーバーが集められています。
世界のウォーターサーバー

 

こちらはウォーターボトルが何とガラス製!乗せる時落とさないかヒヤヒヤですね。地震なんかにも弱いのでキチンと転倒防止策をしなければ!
右側に写っているサーバーは、下に使われている国の国旗が書いてありますが、色々な国で使われているようですね。見える範囲で、フランス、ノルウェー、アイスランド、ルーマニア、イギリス、カナダ、アメリカなどです。
ガラス製のウォーターボトル

 

この細長いウォーターサーバーは、世界一スリムなSIP WELLというサーバー。使われている国は、イギリス、ドイツ、フランス。
スリムなウォーターサーバー

 

こんなにガッツリとしたサーバーもあります。
ガッツリしたウォーターサーバー

 

こちらは2台ともポット付きのウォーターサーバーですね。以前はらでぃっしゅぼーやからもポット付きウォーターサーバーが販売されていましたね♪
ポット付きのウォーターサーバー

 

すぐにお茶などが飲めて便利ですよね。
すぐにお茶などが飲めて便利

 

こちらは韓国製のウォーターサーバーです。
韓国製のウォーターサーバー

 

本体の部分が上下に分かれて、それぞれ開くことができます。中は冷蔵庫のようになっていて、収納スペースになっています。冷蔵機能はないようです(^_^;)
冷蔵庫のような収納スペース

 

加湿器のようなコンパクトな卓上タイプ、アジアチックな柄のウォーターサーバー(アジア圏のサーバーかもしれません)、UFOみたいな色合いの(ってUFOを見たことありませんが)丸みを帯びたサーバーもあります。

 

こちらは、本体が木で出来ていて家具のような台座になっています。ウォーターボトルが何と陶器で出来ているシャレオツなサーバーです。でも水受けトレイもないし、一歩間違ったら床が濡れちゃうね。

 

お水について学ぶ3枚のパネル

ウォーターサーバーは、アメリカで100年以上前に発明されていたんですね(゚∀゚)
1908年のウォーターサーバーの絵が、こちらのパネルに載っています。とえも簡易的なウォーターサーバーですが、広大な国土のアメリカでは南西部の砂漠地帯で安全な飲水を確保するのが困難だったのです。
死活問題だった飲水確保は、ネイティブアメリカンが珍しいウィスキーと井戸を交換した、サーカス団が動物と一緒に大きな水のタンクを持って移動した、水源から馬車や車を使って遠路はるばる運んだなどの尽きないエピソードがあります。
ボトルウォーターのデリバリーはそんなアメリカならでは、100年以上経った今でも続いているのですね。
アメリカのウォーターサーバー歴史

 

蛇口をひねれば飲水が出てくる、世界でも類を見ない珍しい環境と言われています。そんな日本のお水も飲める水にするまでにとても長い歴史がありました。
そんな日本の水の歴史が書いてあるパネルです。コンシェルジュのお姉さんが詳しく説明してくれました。
日本のお水事情パネル

 

クリクラの日常生活ので役割が載っているパネルです。
スーパーから重いペットボトルを買ってくる必要がない、赤ちゃんのミルク作りに便利、温かいコーヒーや紅茶がすぐ作れる、など日常生活にとても役立つクリクラのことが書かれています。
日常生活でのクリクラ水

 

クリクラの歴代サーバーが展示!

このお部屋には、クリクラの初代サーバーから現在のサーバーまで、1号機から5号機までが展示されていました。

クリクラ1号機サーバー

機種名:クリスタルサーバーL1
型番:YO-01L
販売期間:2005年4月〜2008年4月

記念すべき1号モデル。旧ブランド名の”クリスタルクララ”時代のモデルのため、機種名は「クリスタルサーバー」となっています。
当時の基本的な性能をおさえたベーシックなモデルです。
クリスタルサーバー

 

クリクラ2号機サーバー

機種名:クリスタルサーバーL2
型番:YO-02L
販売期間:2005年4月〜2005年9月

クリスタルサーバーL1と同じ内部構造ながら、モノック構造の丸いデザインのキャビネットが特徴。主力モデルのクリスタルサーバーL1に販売を集約したため、短期間で取り扱いを終了しました。
クリクラサーバー2号機

 

クリクラ3号機サーバー

機種名:クリスタルサーバーL3
型番:SA-03L
販売期間:2006年10月

クリクラサーバーS4やクリクラサーバーL5の開発のベースとなったスタディモデルです。そのため販売期間は短く、取り扱い地域も限定されたレアなモデルです。当時の標準的な性能を備えていました。
クリクラ3号機サーバー

クリクラ4号機サーバー

機種名:クリクラサーバーL4
型番:YO-04L
販売期間:2007年11月〜(販売中)

クリスタルサーバーL1の後続モデルで、当初の機種名はクリスタルサーバーL4でしたが、新ブランド移行でクリクラサーバーl4となりました。
取水時に入り込む空気の清浄化に着目した新機構のCAS(clean air system)を搭載し衛生機能を飛躍的に高めたモデルです。
クリクラサーバー4号機

 

クリクラ4号機サーバー省エネモデル

機種名:クリクラサーバーLe4
型番:YO-04Le
販売期間:2011年1月〜(販売中)

クリクラサーバーL4をベースに省エネ化をはかったモデルです。クリクラサーバーL4に比べて消費電力量が約30%少なく、普及型サーバーではトップクラスの省エネ性能を誇っています。クリクラサーバーL4と同時にCASが搭載されています。
クリクラサーバー4号機省エネモデル

 

クリクラ5号機サーバー

機種名:クリクラサーバーL5
型番:SA-05L
販売期間:2011年7月〜(販売中)

クリクラサーバーL4と同等の性能を発揮するモデルながら、製造メーカーが異なっている事からデザインテイストも異なっています。
クリクラサーバーL4と同様にCASも搭載されています。(取り扱い地域限定モデル)
ウォーターボトルも見たことないくらい小さくて、横に持ち手が付いていますね。
クリクラ5号機サーバー

 

こちらは、グッドデザイン賞を取ったサーバーです。
あれ?ウォーターボトルはどこ?と思うでしょう。こちらのサーバーは水道水に直接つないで使うタイプなんですって!
クリクラディスペンサー

 

DVD鑑賞と検査室見学

水ギャラリーを堪能したあとは、4階のお部屋に移動してDVD鑑賞が10分ほどあります。
クリクラのろ過装置(RO膜)は、スペースシャトルの排水や、海の水までも真水に出来る能力があるそうです。

 

2階のお部屋に戻ってクリクラ水の実験です

クリクラ水と水道水を入れるカップが配られ、それぞれに水道水とクリクラ水を入れます。

 

塩素に反応する薬品をそれぞれのカップに入れます。

 

すると、すぐに水道水の方に変化が現れます。塩素が入っているんですから、塩素反応試薬に反応してピンクになったのです。

クリクラ水は元は水道水なのに、全く塩素は入っていないことが分かります。

 

 

クリクラ製造工程を見学!

もう一つの建物に入り、いよいよクリクラ製造工程を見学します。
ここからは、最初に申し上げたとおり写真は取れませんでしたので画像はありません。
クリクラ製造工場

 

クリクラのウォーターボトルは今も変わらずリターナブルということで、使用後に回収してこの工場で洗浄します。
洗浄工程もいくつも流れがあるのがすごいのですが、最後の最後にはクリクラ水ですすぎをするほどの徹底ぶりです。

 

お水を一杯に入れたボトルにキャップを乗せる直前に医療用品と同じ管理の元、紫外線殺菌をするほど徹底した衛生管理です。
そして、最後は人の目でボトルの周りを拭きながら目視チェックを行います。
目視チェックを出来る達人は2人いて、ダブルチェックをしているそうです。
クリクラ町田工場では1日に3000本のクリクラ水のボトルが生まれるそうです♪

 

最後に「しんちゃん」のお祭り広場というお部屋に案内されました♪

クレヨンしんちゃんとお友達のキャラクターが壁一面に描かれたお祭り部屋に案内されました。
天井からはちょうちんが吊り下げられ、クリクラ水を贅沢に使った金魚の水槽があったり、クリクラサーバーもあるので自由にお水を飲んだりして過ごしました。
それから、女性に嬉しいのはクリクラ水を使った足湯ならぬ「お手湯」。ちょうどいい温かい温度に保たれたクリクラ水が気持ちいい〜!

 

クリクラ工場見学に行って、クリクラのことやお水のこと、世界のお水事情なども分かってますますクリクラが好きになりました!
クリクラ工場見学の皆さん、コンシェルジュの皆さん、どうもありがとうございました♪

 

クリクラは無料で2Lのボトルを試すことができます!


 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

関連ページ

クリクラを使った口コミ・評判
クリクラを使ってみた口コミ・評判・感想を記載しています。無料でお試しもできます。今は天然水のウォーターサーバー「クリクラミオ」やママと赤ちゃんのための「クリクラママ」など選べるウォーターサーバーが豊富です。
クリクラミオを借りてみた!設置方法の解説と口コミ
クリクラミオを使ってみた口コミ・評判・感想を記載しています。クリクラは今までRO水のみでしたが、天然水が飲めるクリクラミオが人気を伸ばしている用です。我が家でも借りてみたので設置方法から飲んでみた口コミまでをまとめました。

このページの先頭へ戻る